内視鏡検査について

日本はもともと欧米と比較して胃癌の罹患率・死亡率が昔から高いのですが、

 

最近では食生活の欧米化に伴い、大腸癌の罹患率や死亡率が

 

欧米先進諸国並みに急激に増加しています。

 

日本の癌死亡の過半数は消化器の癌で占められています。

 

近年の内視鏡機器や技術の進歩はめざましく、

 

昔と比べると苦痛が大幅に軽減し、検査精度は劇的に向上しています。

◎胃の内視鏡検査

 

 検診においては現在もバリウムによる造影検査が時々行われていますが、最近は、いきなり内視鏡検査を行う施設が増えています。内視鏡が細くなり苦痛が軽減したこと、高画素電子内視鏡が登場し、造影検査で診断できない小さい病変や平坦な病変も早期に見つけることが出来るようになったからです。さらに、胃の検査のついでに、のどや食道もチェックすることが可能であり、早期の咽頭癌や食道癌を診断能することも容易になりました。今や食道と胃のスクリーニング検査においても内視鏡検査は不動の地位を確立しつつあります。内視鏡検査は造影検査と異なり、異常があればその場で組織を採取して病理学的検査を行うことも可能です。

◎大腸内視鏡検査

 

 大腸内視鏡検査は新しい前処置薬の開発と挿入技術の向上により、現在大腸のスクリーニング検査として全国に普及しています。内視鏡により、ポリープ以外の造影検査では見つけにくい平坦型早期大腸癌がたくさん見つかり、内視鏡で治療できるようになりました。平坦型腫瘍は悪性度が高く大腸癌のメインルートの1つでもあり、内視鏡検査による早期発見・早期治療は大腸癌撲滅に重要です。一般に大腸は長く屈曲が多いため、大腸内視鏡検査は時に苦痛を伴うこともありますが、専門医が行うと苦痛はほとんどなく検査時間も10分前後で済みます。

◎新しい内視鏡

 

 最近では、ダブルバルーン内視鏡やカプセル内視鏡による小腸や大腸の診断や治療も可能で、広島大学病院では積極的に行っています。経鼻内視鏡検査も行っています。関心のある方は是非御相談下さい。

◎内視鏡を用いた癌の治療

 

 胃腸の内視鏡の進歩は診断能の向上だけでなく、治療の進歩がめざましい今日この頃です。早期の食道癌、胃癌、大腸癌は、外科手術しなくても内視鏡を用いて完全切除が可能です。痛みや出血などの症状がでてからでは手遅れになることも有ります。胃腸を内視鏡で定期的にチェックしておけば、運悪く癌が出来ても、ほとんどの場合命を落とすようなことは有りません。

 内視鏡検査は意外と簡単で楽なものです。積極的に内視鏡で胃腸のチェックを受けましょう。わからないことは、専門医に御相談下さい。

監修・記事提供/広島大学病院 内視鏡診療科 教授 田中  信治 先生

健康のこと、考えていますか?

このページでは、いろいろな病気のことや、その対処法などを紹介しています。また、それらにかかわる病院やクリニックも合わせて紹介していますので、あなたの健康に、ぜひご活用ください。